• このエントリーをはてなブックマークに追加

資産価値の下がらない物件はアパート経営で安定収入が見込めます

アパート経営は、副業として始められる投資方法です。アパートの運営は管理会社に委託できるので、普段は本業をしながら副収入を得られるの非常に魅力的です。入居者の募集がしっかりとできれば、安定収入も可能です。 くわえて、増やす資産運用ができるところも大きな魅力です。現在の物件の経営が安定してきた場合は、築いた財産やアパートを担保に新たな融資を受けて、さらなる投資も可能です。 この他にも、経営を始めて20年から30年後には、自身の所有の土地を手に入れられるのもメリットと言えます。経営をそのまま継続することもでき、新しいアパートに建て替えることも可能です。また、土地を売却するという選択もできます。 このように安定した収益というだけではなく、資産を将来に残せる側面も持っています。

物件のある地域を厳選して経営を始めましょう

アパート経営に購入する物件は、できるだけ資産価値の下がらない地域にある物件を選択すると安定的な収入を得られます。これは人口の増加している、利便性が高い、価格が安定している地域にある物件です。 地域の人口が増加していれば、その土地を買い求める人も居住する人も多いです。このため、アパートの価値は下がりにくいと言えるでしょう。利便性の高いところは、住人にとって住み心地が良いので人気があります。買い物できるところが多く、交通アクセスが良く、病院や公共施設の充実しているところは住むにはとても便利です。また、土地の価格が安定しているところは、急激に上昇することもない反面、価格が大きく下がる可能性も低い土地です。 人口が多く便利で、土地の価値の変動が少ない地域は、入居者も多く見込め安定した収益を見込めるでしょう。

価値が下がりにくい物件を選択しましょう

アパート経営では、資産価値の下がりにくい物件を選ぶことも大切です。購入する物件は割安なものを選ぶと、価値は低下しづらいと考えられます。アパートに限らず建物は耐用年数があります。同じ地域にある築10年や15年の物件価格を見ておくと、割安かどうかは判断できるでしょう。 さらに、物件の部屋の広さも重要です。一般的に同じ家賃や環境が同じ場合は、入居者は部屋の広い物件を選択しがちです。部屋の広い物件を選べば、長期間居住してもらえる場合が多いです。入居者の回転数が少ないと、新たに入居者を募集する経費も少なくてすみます。 また、潜在価値を秘めた物件は資産価値があり狙い目です。例えば、土地に対して建蔽率や容積率に余裕を持っている物件であれば、将来の建て直しのときにより高いアパートを建設でき部屋数を増やせます。

ピックアップ記事

収入に直結!アパート経営では稼働率が重要

アパート経営には、いろいろな要素があります。その一つ一つを大切にして、安定した収入を得るようにしなければなりません。稼働率を意識することで、このタイプの経営の利益を増やすことができます。この数字は、入...