• このエントリーをはてなブックマークに追加

収入に直結!アパート経営では稼働率が重要

アパート経営には、いろいろな要素があります。その一つ一つを大切にして、安定した収入を得るようにしなければなりません。稼働率を意識することで、このタイプの経営の利益を増やすことができます。この数字は、入居していた割合を重視します。12ヶ月に戸数をかけ、稼働実数で割ることでこの数字を得ることができます。この数字が出てきたら、物件に借りる人がどれだけ入居していたか分かるようになります。その期間を長くするのが、アパートを経営するうえで大切になります。入居の期間を長くするには、アパートの居心地を良くして、住人の質を高めなければなりません。住人のことは難しい要素ですが、経営をしている人が注意をしていれば、リスクを取り除くことが可能です。問題を起こしそうな人は、入居を断るようにします。

質の良いアパートを購入することが第一の条件です

アパート経営の収入は、稼働率と深いつながりがあります。稼働率は、入居者の入居の日数として現れます。居心地の良いアパートだったら、入居者は他のところに引っ越さないでしょう。また内部がきれいで、外装が美しかったら、多くの人を惹きつけることができます。このような条件にあてはまるのは、新築のアパートです。購入する費用が高くなりますが、新しいアパートだったら、外も内側もきれいなので、借りる人に喜ばれます。さらに防音性に気を配っておけば、さらに入居者を集めやすくなります。木造のアパートの場合は、音が漏れやすくて、隣からテレビの音などが聞こえてくることがあります。このような物件は避けましょう。たとえアパートであっても、防音処理を施したところを選ぶ必要があります。

アパートを借りる人に注意して経営を進めましょう

アパートを経営する時には、入居者にも細心の注意を払う必要があります。入居者同士のトラブルが起こらないようにしましょう。トラブルになりやすいのは、音です。楽器を弾く人やペットを飼う人には、特に注意が必要です。初めて経営をする場合は、ペットは禁止にした方がスムーズに経営できるようになります。最近はペット可の物件も増えていますが、それは慣れてきてから始めましょう。入居者を受け入れる時は、できるだけその人に会うようにしなければなりません。会うことで、その人の人柄をある程度見極められるようになります。もちろん、最初から人を疑うことは避けなければなりません。普通に働いている社会人だったら、トラブルを起こすことはめったにありません。入居者同士が気持ちよく生活できるように気を配りましょう。

ピックアップ記事

収入に直結!アパート経営では稼働率が重要

アパート経営には、いろいろな要素があります。その一つ一つを大切にして、安定した収入を得るようにしなければなりません。稼働率を意識することで、このタイプの経営の利益を増やすことができます。この数字は、入...